正座で足がしびれた…まさかの方法で簡単に治す方法!

食事会や飲み会、法事などでは、椅子席の場合も多いですが、正座をしなければならないときもありますよね。

正座と言えば辛いのが足のしびれ。

気心の知れた友達との食事会なら足を崩すのも気楽にできますが、ちょっとフォーマルな席だったりするとなかなか足を崩せず辛い思いをすることも。

かと言って、足のしびれが気になるからとモゾモゾ動くのも格好悪いですよね。

足のしびれを我慢して無理矢理動き出し、足がもつれて転倒、という恥ずかしい思いをするのも避けたいところです。

正座による足のしびれを何とかするにはどうすれば良いのでしょうか?

足がしびれてしまったときに簡単に試せる対処法、そして足がしびれにくい正座の仕方などを紹介していきます。是非実践してみてください。

足のしびれを恐れずスマートに正座ができる、洗練された身のこなしをマスターしていきましょう。




正座しているとなぜ足がしびれる?

そもそも、なぜ正座をすると足がしびれてしまうのでしょうか。

正座を続けるということは、自分の体重が足にかかった状態も続くということにもなります。

このとき足の血管が圧迫され、それにより血行が悪くなってしまいます。この血行不良が足のしびれに関係しているのです。

特に足の甲の辺りに位置する太い血管が圧迫されることにより、しびれが起きやすくなります。

足の血行が悪くなると、それが神経に影響を及ぼします。神経のうち太いものが血流悪化やそれによる酸素不足の影響を受けやすく、情報をうまく伝達できなくなってしまいます。

そのために感覚の麻痺が起きてしまうのです。

その一方で、神経のうち細いものは過度に興奮した状態となります。

足がしびれたときはびりびりするような、あるいはじんじんするような痛みを感じますが、この痛みは細い神経が興奮状態になっているために生じるものです。

圧迫による血行の悪化。それによって太い神経の働きが鈍くなる。逆に細い神経は興奮状態になる…。

こうしたことから足のしびれが引き起こされると言えます。

正座による足のしびれを早く治すため、そして足のしびれを防ぐためには血行の悪化を改善、予防することが大切と言えるでしょう。

しびれたときは後ろ歩きがいい!

それでは、正座をしていて足がしびれてしまった場合はどうすれば良いのでしょう?

簡単に足のしびれを緩和させる方法として、後ろ向きに歩くというものがあります。

後ろ向きの状態で階段を数段昇ったり降りたりするのも効果的です。

後ろ向きに歩くことによって、血管が圧迫から解放されて血流の改善が望めます。

もし階段の昇り降りを行う場合は、転んだりしないように手すりを持つなどして十分注意して行いましょう。

足がしびれているときは足の動きが鈍くなっているので、単純に後ろ歩きをするときも十分に注意するようにしてください。

フォーマルな場面では、さすがに階段を昇り降りしたりいきなり後ろ歩きをしたりはしづらいかと思います。

そんなときは立ち上がる前にまずつま先を立て、かかとで体重を支えるようにします。

その後、立ち上がったらすり足で後方に移動しましょう。

それから前に歩き出すと、足のしびれによる転倒を防ぐことができます。

これならばあまり大きな動きをする必要もなく、さりげなく行えるはずです。




足のしびれない正座のやり方

足のしびれない正座のやり方

できることなら、足のしびれを事前に防ぎたいものですよね。

実は正座は座り方を工夫することで、足をしびれにくくすることが可能なんです。

まずは座るとき、足の親指を重ねましょう。

また、背中が丸まって猫背になってしまいがちな人もいるかもしれません。

そんな人はまず背筋を伸ばして良い姿勢を心がけるようにしてください。

足の親指を重ねて座り、背筋をぴんと伸ばした良い姿勢を作ったら、そこからさらに上半身を引き上げて重心を前の方にするよう意識します。

何となく後方に重心を移動させた方が座りが良いと感じる人も多いかもしれませんが、体重は体の前の方にかけるようにしてみてください。

腹筋と太ももの筋肉を使うよう意識するとやりやすくなります。

このように正座をすると、親指を重ねているため、足の甲と床との間に少しだけ空間ができます。

そのため足の甲辺りを通っている太い血管があまり圧迫されずに済むことになります。

その上、重心を前方にすることによって、膝の裏を通っている血管にかかる圧迫も和らげることができます。

この正座の仕方というのは、マナーの面から見ても美しい座り方とされています。

上半身を引き上げて重心が前方にある状態を保つのは、少しやってみるとわかるかと思いますが結構に筋力を使います。

慣れないうちは腹筋や太ももの筋肉が疲れて辛く感じるかもしれませんが、これができるようになると足もしびれにくく、たとえしびれてもすぐに緩和する程軽いもので済むようになります。

正座をすると足がしびれ、足を崩すと楽になる…。

どうしてもそんなイメージを抱きがちですが、足を崩すことでかえって足のしびれがひどくなることもあり得ます。

たとえば、足を両横にずらして座る「女の子座り」(「アヒル座り」、「ペタンコ座り」とも)をしてしまう人もいるかと思います。

この座り方だと足の甲が床にくっついて圧迫される形になるため、血行が悪くなり足がしびれやすくなります。

他にも、横座り(いわゆる「お姉さん座り」)をする人もいるかと思いますが、これは骨盤のねじれや背骨の歪みなどを引き起こす恐れがあります。

楽だからとこうした姿勢を取るのではなく、正しい姿勢で正座をすることによって、足のしびれだけでなく体の歪みを防ぎ改善することができると言えます。

正座を極めて、足のしびれない品のある大人に!

鏡で自分の姿勢を確認しながら、足の親指を組んだ状態で正座をし、ぴんと背筋を伸ばして上半身を引き上げ、重心は少し前になるようにしてみましょう。

礼儀作法の面から見ても美しいとされている方法で正座をしてみると、自分の目で見てもきれいな座り方だと感じませんか?

猫背になっていたり足を崩していたりすると、少しだらけた感じがしてあまり見た目が良いとは言えませんよね。

足のしびれを何とかしようと頻繁にモゾモゾ動くのも、落ち着きがない感じがして格好も良くありません。

美しく品のある身のこなしや、格好良い姿勢を手に入れたいものですよね。

正しい姿勢で正座をすることによって、足のしびれを防ぐだけでなく、美しく品のあるたたずまいを身につけることができるとも言えます。

しかも良い姿勢を保つことによってお腹に力が入って肩の力が抜け、体が安定するだけでなく精神的にも落ち着く傾向にあります。

足のしびれにくい美しい正座を身につけるには、お腹や太ももの筋力を必要とします。

慣れないうちは少し大変かもしれませんが、日頃から正座をするときは意識して筋力を使うようにしてみましょう。

正しい正座をマスターすることで足のしびれを防ぐだけでなく、上品で洗練された大人の振る舞いも身につけていきましょう。